プリン体とは?

プリン体ってどんなもの?

プリン体とは、プリン骨格を持つ物質の総称です。
細胞や遺伝子を構成する「核」と呼ばれる部分に存在し、ほとんどの食物に含まれています。味覚の指標である「旨み成分」にあたりますので、プリン体が多く含まれる食べ物は味が濃く、美味しく感じられることが多いのが特徴です。

体内のプリン体のうち、食べ物から体内に取り込まれるのは2割です。残りの8割は、体内の新陳代謝によって古い細胞が分解された際に発生するものです。
そのプリン体がさらに分解される際に生じる、いわば燃えカスのようなものが尿酸なのです。
プリン体は、人の生命活動を根源で支え重要な役割を担っていると言えます。

プリン体が多く含まれる食べ物

プリン体が増えるとどうなるの?

プリン体が肝臓で分解される時に「尿酸」ができます。この「尿酸」はエネルギーの燃えカスとも言われています。

体内では通常、毎日同じ量の尿酸がつくられ、尿と一緒に体外に排泄されますので、総量はほぼ一定のバランスに保たれているのですが、何らかの理由でプリン体が増えてこのバランスが崩れると、尿酸が増加し、高尿酸血症になります。

実は恐ろしい!高尿酸血症の
リスク

高尿酸血症とは、血液中の尿酸の濃度「血清尿酸値」が7.0mg/dLを超えた状態です。放置すると、尿酸の結晶が関節や腎臓に溜まっていき、痛風だけでなく、腎障害、尿路結石などの合併症を引き起こします。
さらに、高尿酸血症は生活習慣病を合併することも多く、悪化すると血管障害が進み、最終的に命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

痛風の合併症の合併率