プリン体ゼロのアルコール飲料なら大丈夫?
アルコールと尿酸の関係

尿酸値を上げないために、プリン体ゼロのアルコール飲料を飲んでいる人も多いのでは?
本当に痛風予防やプリン体ケアに気を使う人に知ってほしい、アルコールと尿酸の関係。

サラリーマンの必需品といえば、ビール。

ストレス社会で闘うサラリーマンにとって、「仕事あがりの一杯」は一日のストレスを解消し、明日への活力を得るためになくてはならない存在です。

しかし、アルコールは摂りすぎれば体内の尿酸値を上げ、痛風をはじめとする生活習慣病を引き起こすという不安がつきまとうことも事実で、諸刃の剣ともいえます。

プリン体ゼロのアルコール飲料は、痛風が気になる人の味方..?

そんな中、最近話題になっているのが、「プリン体ゼロ」を謳ったアルコール飲料。これで尿酸値を気にせずにアルコールを飲める!、と大手を振っている方も多いのでは?

だけど、本当に痛風予防を意識するならば、尿酸値が上昇する仕組みをきちんと理解し、アルコールが及ぼすリスクについて知っておく必要があります。

実は..アルコール自体が
尿酸値を上昇させるのです。

プリン体が多いアルコール飲料といえばビールが代表的ですが、プリン体を気にする人に一番知ってもらいたいのは、アルコール自体の影響。
尿酸は、通常一日の産生量と排泄量が同等で、一定のバランスに保たれています。このバランスを保つことが、尿酸値の上昇を抑えるためのポイントです。

しかしながら、アルコールを体内に
摂りこむと、次の3つの作用で尿酸
のバランスを崩すことになるのです。
・尿酸産生の増加
・利尿作用による尿酸の濃縮
・尿酸の排泄を阻害

つまり、プリン体ゼロのアルコール飲料でも飲酒量が増えると尿酸値が上昇してしまうのです。
また、おつまみなどの食物に含まれるプリン体が上乗せされると、尿酸値はさらに上昇します。

したがって、尿酸値の上昇を防ぐためには、『プリン体の摂取量』だけに気をとられていてはダメなのです。