1. トップページ
  2. 強力わかもと研究所
  3. 徹底分析「強力わかもと」 乱れた腸を整える乳酸菌

強力わかもと研究所

  • 徹底分析「強力わかもと」
  • 「わかもと」の歴史
  • 「強力わかもと」ができるまで
  • このような方に

強力わかもと研究所 WAKAMOTO LAB.

徹底分析「強力わかもと」天然由来成分2 健康な腸を支える乱れた腸を整える乳酸菌「乳酸菌培養末」〜米や麦の胚芽で培養したヒト由来の乳酸菌が生きたまま腸に届く〜

乳酸菌

ストレスや高齢化によって腸内フローラのバランスがくずれやすい現代社会では、そのくずれを改善するために乳酸菌を常に補給する必要があります。その乳酸菌の種類は数多くありますが、ヒトにはヒトの腸内に棲みついている乳酸菌が適しています。ヒトの腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きに優れており、ヒトの腸内フローラを改善し腸内環境を整えます。
「強力わかもと」の乳酸菌は、健康なヒトの腸内に棲みついている乳酸菌「ストレプトコッカス・フェカリス菌」を独自の胚芽組成の培地に植え付けて、固体培養し「乳酸菌培養末」を作りました。また、培地に含まれる胚芽には食物繊維が多く含まれ、腸内の水分を吸収して便量を増やすと共に有害物質を吸収し排泄します。

※腸内フローラとは
腸内に棲みついている細菌を腸内菌と呼び、それぞれの菌はスペースを持ちながら全体として集団を形成しています。この集団が叢(そう=草むら)または花畑(フローラ)のように見えるところから、腸内フローラと呼びます。

「強力わかもと」の乳酸菌を育てる米や麦の胚芽

胚芽

「胚芽」は植物の種子の中にあり、芽が出て成長する生命力の源であるため、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、アミノ酸及びミネラルなどの有用な栄養素が含まれています。また胚芽は食物繊維も豊富なので乳酸菌などの腸内の善玉菌が働きやすい環境を作ります。
「強力わかもと」と「顆粒わかもと」は、麹菌や乳酸菌を独自の胚芽組成の培地に植え付け、発酵させた固体培養物を製剤化していることから「胚芽」を母にもった製品といえます。

【コラム】 腸内フローラのバランス保持は健康の秘訣、その主役は乳酸菌

私たちの腸内には多くの微生物、特に善玉菌(有用菌)と悪玉菌(有害菌)が棲みついています。健康なヒトでは乳酸菌など善玉菌が多い状態の腸内フローラ(細菌叢)が保たれています。 また、食生活・環境の変化、ストレスや加齢と共に善玉菌(乳酸菌など)が減り、悪玉菌(大腸菌など)が増えて、腸内フローラのバランスがくずれると、消化しきれなかった食べ物が腸内で腐敗しやすくなり、便秘や軟便などの腸のトラブルや免疫の低下、発ガン物質の増加の原因となり、健康維持に支障をきたします。
腸内フローラのバランスを保つには善玉菌である乳酸菌が腸内で増殖しながら糖を分解して大量の乳酸を分泌産生し、腸内を弱酸性の環境にして悪玉菌が棲みつくスペースを狭め、増えることを防ぎます。 また、乳酸菌は免疫を担当する細胞を刺激して免疫力を高め、体内に侵入してきた病原菌や毒素などの異物から腸内を守り、常に腸内環境を整えています。

  • 天然由来成分1 消化酵素を生み出す麹菌「アスペルギルス・オリゼーNK菌培養末」
  • 天然由来成分3 栄養たっぷりビール酵母「乾燥酵母」

ページトップへ戻る