沿革

昭和 4年 4月 東京市芝公園大門に合資会社 「栄養と育児の会」を設立。「わかもと」を発売
昭和 7年 10月 東京市外砧村(現世田谷区宇奈根町)に東京工場を新設
昭和 8年 1月 東京市芝区芝公園に「株式会社栄養と育児の会」を設立
昭和18年 7月 商号を現在の「わかもと製薬株式会社」と改称
昭和24年 5月 東京証券取引所に上場
11月 本社を東京都千代田区丸の内、丸の内ビルヂングに移転
昭和31年 9月 補酵素型ビタミンB2製造法確立 FAD製剤「ワカデニン注射液」発売
昭和37年 1月 消化酵素、活性乳酸菌、ビタミンB1、ビタミンB2、ニコチン酸アミドを強化充実し
「強力わかもと」を発売
昭和43年 6月 神奈川県大井町に相模大井工場並びに相模研究所を新設
11月 本社を東京都中央区日本橋室町に移転
昭和45年 8月 抗生物質・化学療法剤耐性 乳酸菌製剤「レベニン」発売
昭和54年 10月 相模研究所 研究棟新設
昭和58年 8月 薬用歯磨「コーラル」を発売 (現コーラルε)
9月 東京証券取引所第一部へ上場
平成元年 1月 発行額面総額40億円の第1回物上担保附転換社債を発行
5月 水溶性非ステロイド性抗炎症点眼剤「ジクロード点眼液0.1%」発売
平成7年 12月 乳酸菌整腸剤「わかもと整腸薬」を発売
平成11年 11月 世界初の熱応答ゲル技術応用点眼剤 緑内障・高眼圧症治療剤「リズモンTG点眼液0.25%、0.5%」発売
平成12年 11月 アレルギー性結膜炎治療剤「ゼペリン点眼液0.1%」発売
平成14年 8月 相模大井工場 ISO14001 認証取得
平成17年 4月 眼科用アデノウイルス診断キット「キャピリア アデノ アイ」発売
11月 薬用歯磨「アバンビーズ」発売
平成19年 7月 防腐剤フリーを可能にするNP容器応用点眼剤「ニプラジロール点眼液0.25%「わかもと」」発売
(NP容器は公益財団法人日本デザイン振興会2007年度グットデザイン賞受賞)
平成20年 9月 第二培養棟完成
11月 アレルギー性結膜炎診断キット「アレルウォッチ 涙液IgE」発売
平成22年 3月 相模大井工場第二点眼製剤棟完成
10月 本社を東京都中央区日本橋本町2-1-6に移転
12月 日本初、硝子体可視化の適用を持つ眼科手術補助剤「マキュエイド硝子体内注用40mg」発売
平成23年 3月 薬用歯磨「アバンビーズ」シリーズ発売
5月 信栄(連結子会社)を吸収合併
平成26年 4月 本社を東京都中央区日本橋本町2-2-2に移転
平成27年 10月 ドクターズサプリメント「オプティエイドDE」発売